車の売却は家族全員の意見を取り入れて売却する

家族全員が利用するような車を売却する場合、たとえ家族の1人が1番車について詳しかったとしても、その1人だけで売却を決めてしまうのは、ちょっと考えたほうが良いと私は思っています。

家族ではなくて単身者が車の売買をする分には、すべて自分自身が責任を負えば良いだけですので、売買に関しては特に問題がないと思います。

しかし、家族の何人かが利用するような車ですと話は別です。まず、車を売却するかどうかで家族間の意見が割れることがあるでしょうし、たとえ売却することが決まったとしても、どこの業者に売却するのか?いくらくらいの売却額なら売却するのか?売却時期はどうするのか?などを、家族全員が納得できるように売却を進めることがとても大事です。

だいたい、車関係ですと男性方が中心に進めるのかもしれませんが、かと言って女性方をまったく無視してしまうのは角が立ちます。

ですので、車を売却するときには、家族全員の意見を取り入れて売却すべきだと私は思っています。

 

査定を行う時間は減らすべき

車の査定を複数の業者から行う場合、何回も応対しなければならないという所は辛いことだと思います。バラバラに査定を行った場合、査定の有効期限が切れてしまい、買取金額が下がったなんてことも十分にあるからです。出来る限り1日で複数の業者から査定を貰い、それを比較した方が良いでしょう

1時間くらいを目安に査定時間を取り、なるべく早い段階で査定が完了するようにします。業者の方も30分くらいで査定は完了させてくれると思うので、1時間程度の間隔を空けて査定を受け続ければ、1日で完了することもあります。なるべく早い段階で査定を貰わなければ、上手に比較することはできません

ちょっとした裏技としては、全ての業者を同じ時間に入れて、査定金額を競わせるという方法もあります。こうした方法を利用している方も多いのですが、この場合は1回で査定が終わるというメリットがあります。また互いをライバル視していることもあり、査定金額も高くなります。その代わり業者が応じなければ利用できないデメリットがあるので注意が必要です

中古車査定・買取の体験談

10年ほど前、引っ越しを機にそれまで乗っていた普通車を手放して軽自動車に乗り換えました。その際に、自宅の近くにあった大手の中古車査定・買取業者に買取を依頼しました。

新車で購入して3~4年ほど乗っていたステップワゴンでした。仕事が休みの日に街乗りをする程度で、それほど乗車距離は長くありませんでしたし、目立った不具合や傷などもなかったのですが、購入時の4分の1以下の値段での買取となりました。

もちろん、購入してから4年近く経っていましたし、業者側も得をするような値段しかつけないということは分かっていたので、そのような値段になったのも仕方ないとは思います。

でも、正直な個人的感想としては、こんなに状態の良いと思える中古車でもこれほど安い値段になってしまうのか、という印象を持ちました。

最近は「高額査定」をうたった中古車査定・買取業者のバナー広告をインターネットで頻繁に見かけます。実店舗での査定や買取とどれくらいの差があるのか、少し気になるところではあります。

できるだけ高価格で車を売却するために

車を買い換えたいと思った時、今手元にある車をできるだけ高い価格で売却したいと思いますよね。高い価格で買い取ってもらうにはどうしたらいいのでしょう。

まずは、外観、内装ともにきれいにしてあることです。当たり前のことなのですが、次にその車を買う人だって、同じ価格ならきれいなものの方を買いたいと思いますね。ピカピカに見えるのなら同モデルでも少しくらい高い価格でも買い手がつきやすくなります。買い手がつきやすければ、その分、売却のときにも高い査定額が出る可能性が高いのです。

他には車検以外の定期点検をしっかり受けているか、が大切です。定期点検をしっかり受けているということは、整備に問題がないということになります。これは、アフターケアの面で大変有利になってくることだと思います。しっかり整備をしてあれば思わぬ故障も少なくなります。

日常、安全に運転したり点検をしっかり受けるなど、当たり前のことをしていれば、売却の時にはほとんどが満足のいく価格がつくのではないかと思います。

 

新型車が発売される前に旧型車を売却

車には、乗り換え需要というものが確実に存在します。

そんな乗り換え需要の最たる例として挙げたいのは、やはり既存の車のモデルチェンジです。

誰でも、ドライバーならば少しでも新型の車に乗りたいと思っていますから、モデルチェンジされた新型車が発売されたならば、そちらに乗り換えたいと考えます。

すると、モデルチェンジされる前の旧型車は、大量に中古車市場に出回る可能性がとても高いです。そうなると、中古車市場は旧型車の供給過多状態となり、一気に値崩れしてしまうことが考えられます。

つまり、旧型車に乗っていってその車の新型車が発売されるときには、なるべく早めに買取に出しておかないと、後々不当に安い売却価格で査定されてしまう場合があるということです。

もしも、新型車への乗り換えを特に考えていなかった場合、新型車が発売され後など、タイミングが悪いと査定額がかなり安くなってしまいますので、新型車が発売されるのかどうかの情報を常にチェックし、価格が下がる前に売却をするべきです。